希望の野菜 〜肺炎で死にそうになった僕が気づかされた野菜の力〜

ニキビができたり肌がボロボロに…そうならないために必要な野菜の栄養成分とは?

kagamiwomiru

 

 

あなたはきちんと野菜を食べていますか?

 

 

食べていない場合はもちろん食べるべきですが

 

とはいっても「ただ野菜を食べてればいいや~」でもいけません!

 

 

 

いきなり何言ってんだと思うかもしれませんが

 

男性はもとより特に女性のあなたに言いたい・・・

 

 

 

きちんと栄養を考えて野菜食べないと

 

お肌トラブルに悩まされますよ!

 

 

 

zutuu

 

 

 

野菜には確かにたくさんの栄養素が含まれています。

 

 

 

しかしたくさんの栄養素が含まれているからこそ

 

きちんと考えて食べなければ意味を成しません。

 

 

 

そこで今回はお肌に必要な野菜で摂れる栄養素について話していきます!

 

 

 

お肌に必要な野菜の栄養素はこの6つだ!

 

 

見出しにあるように野菜に含まれる栄養素で

 

良いお肌につながる栄養素は6つです!

 

 

 

もちろん野菜から枠を抜け出せばもっとあるのですが

 

ここでは野菜のみに絞って説明します。

 

 

ビタミンA

a

 

 

ビタミンAは肌や粘膜を正常にして

 

はりや潤い弾力を保つために必要な栄養素です。

 

 

 

また紫外線から細胞を守るために

 

光線エネルギーを受け止める働きも持っています。

 

 

 

この紫外線に当たるとビタミンAは破壊されて

 

その働きを失ってしまうためきちんと補わないといけません。

 

 

 

ちなみに野菜から摂れるビタミンAはカロチンという名前ですが

 

このカロチンは摂取しすぎたからといって

 

体内に蓄積することはないので積極的に摂って大丈夫です。

 

 

 

ビタミンB群

b

 

 

名前がビタミンB群となっているのはビタミンBは8種類あり

 

B1、B2、B6、B12、ナイアシン、葉酸、ビオチン、パントテン酸

 

という8つです。

 

 

 

特にこの中でも不足すると肌に大きな影響が出るのが

 

ビタミンB2、ビオチン、パントテン酸です。

 

 

 

ビタミンB2は皮膚や粘膜の健康を維持するために必要で

 

これが不足してしまうと肌荒れやニキビの原因になってしまいます。

 

 

ニキビができやすい人はこれが不足しているかもしれません。

 

 

 

ビオチンは皮膚の健康を維持するのに必要で

 

不足してしまうと肌荒れや髪の毛のトラブルを巻き起こします。

 

 

 

僕は結構髪の毛を気にしているので

 

この栄養素は気を付けないといけませんね(笑)

 

 

 

パントテン酸はコラーゲンの再生に必要不可欠な

 

ビタミンCの働きをサポートすると言われています。

 

 

 

と言うことは不足してしまうと

 

ビタミンCの役目がうまく果たせないと言うことになります・・・

 

 

 

ビタミンC

c

 

 

これはもはやだれでも重要といわれていることは

 

知っているのではないでしょうか?

 

 

 

とはいえなんで重要なのかは知らないかもしれませんね。

 

 

 

ビタミンCはシミの改善、紫外線からの防止

 

しわ改善、ニキビ改善&予防、キメを整えるといった効果があります。

 

 

 

並んでいる言葉すべてが肌にとって超重要ですよね(笑)

 

 

 

ちょっとあまりにも重要そうなんで

 

これから少し先程の6つの効果を詳しく見ていきたいと思います。

 

 

シミの改善

simi

 

 

ビタミンCが持っている還元作用と酵素阻害作用

 

によってメラニン色素ができるのを防いで

 

日焼け後の炎症やシミを抑えてくれます。

 

(ちょっと難しい話が入ってしまいましたが・・・)

 

 

 

またすでに色素沈着が起きてしまったシミの場合にも

 

ビタミンCは薄くしてくれる効果があります!

 

 

 

ただし1日に2000㎎というかなりの量が必要になります。

 

 

 

紫外線からの防止

sigaisen

 

 

活性酸素という悪ものがいてこいつは

 

日焼け後の炎症と一緒に生じるのですが

 

ビタミンCは活性酸素を分解してくれる働きがあります。

 

 

 

そのため日焼けしても肌へのダメージを少なくしてくれます。

 

 

 

それに色素沈着のもととなってしまうメラニン色素を作り出す

 

「チロシン」という物質を抑えてくれます。

 

 

 

夏場などは暑くてどうしても薄着をして

 

紫外線にあたることが多いので夏場はある意味必須ですね・・・

 

 

 

しわ改善

siwa

 

 

先程も出てきたパントテン酸と一緒に

 

コラーゲンの合成を増やしてハリと弾力を取り戻し

 

しわを改善させることができます。

 

 

 

そもそもコラーゲンが生成される際には

 

ビタミンCが必須になっていきます。

 

 

 

よくコラーゲンは肌にいいと言いますが

 

ビタミンCがあってこそという感じがしますね!

 

 

 

ニキビ改善&予防

nikibi

 

 

紫外線予防のところでも出てきた活性酸素を分解して

 

ニキビによる炎症を抑えたうえで治った後の色素沈着も防いでくれます。

 

 

 

またニキビの原因にもなる皮脂の分泌も抑えるので

 

ニキビの発生の予防にもつながります。

 

 

 

ビタミンB2と共にニキビができやすい人には重要な栄養ですね!

 

 

 

キメを整える

 

 

コラーゲンの生成を助ける効果があるので

 

それに伴って肌の新陳代謝による生まれ変わりを整えてくれます。

 

 

 

また毛穴を引き締めることで代謝を促進する

 

という効果もあるため良いお肌には欠かせませんね!

 

 

 

以上のことからビタミンCは不足してはいけないし

 

とっても大事な栄養成分といわれているゆえんですね!

 

 

 

ただ水に流れやすく熱にも弱いという性質がある厄介者でもあるので

 

摂取の仕方は考えないといけないですね・・・・

 

 

 

ビタミンE

e

 

 

ビタミンCのところでも出てきた活性酸素の働きを抑えて

 

肌の老化を防ぐという働きがあります。

 

 

 

ビタミンCよりも実は活性酸素に対して効きやすいという性質があります。

 

 

 

また体内に吸収された後に皮脂に溶けた状態で肌にしみ出し

 

そのおかげで皮脂が酸化することを防止できます。

 

 

 

更に皮膚は血行が悪くなってしまうと新陳代謝が落ち

 

皮膚の生まれ変わりが遅くなってしいます。

 

 

 

ビタミンEには血行促進作用があるので

 

血行をよくしてシミやそばかすを防止することにもつながります!

 

 

 

亜鉛

aen

(画像は本物の金属の亜鉛です。食品にはこの形では入ってません)

 

 

亜鉛というと味覚障害に関連した話を知っているかもしれません。

 

 

 

しかし肌に対しても非常に重要な栄養素で

 

皮膚の新陳代謝を促し、たんぱく質、コラーゲン

 

活性酸素の消去に関わる酵素の生成に必要です。

 

 

 

細胞が分裂する際には亜鉛が不可欠なので

 

不足してしまうと肌のかさつきや皮膚の炎症が起きやすくなります。

 

 

 

マグネシウム

magnesium

(画像は本物の金属のマグネシウムです。食品にはこの形では入ってません)

 

 

マグネシウムは肌の細胞分裂や角質層になるために必要で

 

皮膚のバリア機能を高めてくれる作用があります。

 

 

 

また肌の乾燥を防ぐ作用があり皮脂の過剰分泌を防ぐので

 

ニキビの予防に必要な栄養素と言うことになります。

 

 

 

肌の話とそれますがカルシウムと同様に

 

骨を作る作用があるのでカルシウムとのバランスが大切です。

 

 

 

食べ方の注意点

 

 

肌に関連する栄養素については上で言ったとおりですが

 

実は食べ方には注意しないといけません!

 

 

 

僕は大好きな食べ方ですが生で食べるのはあまりよくありません・・・

 

 

saradadame

 

 

というのも生野菜は確かに栄養素が調理するよりも高いのですが

 

体を冷やしてしまって血行を悪くしてしまいます。

 

 

 

血行が悪くなるとビタミンEのところでも言ったように

 

新陳代謝が落ちて皮膚の生まれ変わりが遅くなります。

 

 

 

それにプラスしてなかなか多くの量を摂取できない

 

というのも問題になってきます。

 

 

 

確かにサラダって意外に山盛り食べるのしんどいですからね・・・

 

 

 

昔、僕の姉がニキビで悩んでいた時に野菜を食べるといいからと

 

サラダを毎回山盛りにして食べていましたが

 

あれは良くなかったと言うことですね・・・・

 

 

 

ですがやっぱり生で食べたいということもあるともいます!

 

(僕はしょっちゅうあります(笑))

 

 

 

血行が悪くなると言うことは代謝が悪くなると言うことなので

 

代謝が上がる朝、下がる夜を除いて食べるようにするといいですよ!

 

 

 

最後に

 

 

今回は肌に関連する野菜の栄養成分について話しました。

 

 

僕は男ですがやっぱり肌は大事にしたいと思っています。

 

 

 

男といえどもシミはやっぱり嫌ですし

 

ニキビができてしまうのも嫌です・・・

 

 

 

女性の方であればお化粧をされたりするので

 

肌に関しては男性の何倍も敏感だと思います。

 

 

 

もちろん野菜を食べるだけで解決するものではありません。

 

 

 

ですが食生活が大きく影響することは確かです。

 

 

 

野菜が不足すると肌はもちろん健康を害することだってあります。

 

 

 

重要な栄養素を知ってバランスのいい食事を心がけてくださいね!

 

 



あわせて読みたい

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このサイトの管理人



こんにちは、拓海です。

このサイトでは一度肺炎で死にそうになった僕が、野菜で救われた経験をもとに、また大の野菜好きとして野菜についての様々な知識や活用法などを紹介していきます。

自然の恵みである野菜を今一度しっかり考えることで、普段の生活がより良いものになっていくようにしていきましょう!

僕の詳しいプロフィールはこちら

※このサイトでは海藻やキノコも野菜扱いとします。詳しくはこちらの記事の4個目のトピックをお読みください

このブログの信念

宅配野菜レビュー&体験談





応援クリックしていただけたら幸いです

RETURN TOP