希望の野菜 〜肺炎で死にそうになった僕が気づかされた野菜の力〜

子供の野菜嫌い・・・世のお母さんは悪くない!悪いのはまずい野菜だ

waruinohamazuiyasaida

 

 

今回は世のお母さんたちに言いたいことです

 

 

詳しくは後ほど・・・

 

 

 

 

健康で過ごすことができるということは

 

老若男女問わずとても大事なことです。

 

 

 

ですがその中でもとりわけ

 

子供の健康というのは大事なように感じます^^;

 

 

kodomokenkou

 

 

 

何事も基礎が大事というように

 

子供の時にどれだけ栄養に気を使ったか

 

ということが将来にいきてきます。

 

 

 

大学生活で食が乱れて肺炎になった僕ですが

 

基本的に健康で過ごせているのは育っていく過程で

 

野菜を好き嫌いなくきちんと食べていたからだと思います。

 

参考:【その3】乱れまくった食生活,【その4】ついに迎えた体の限界

 

 

 

 

しかし野菜嫌いのお子さんがいらっしゃる方は

 

お子さんが健康に育ってほしいという思いから

 

栄養バランスを考えた時などに

 

「嫌いな食べ物を克服してほしいな・・・」

 

と思っていらっしゃるのではないでしょうか?

 

 

 

sinpi

 

 

 

少しデータが古いですが2011年の8月に

 

カゴメ株式会社が行った調査で

 

「子供の野菜の好き嫌いに関する調査」

 

というものがあります。

 

参考:http://www.kagome.co.jp/company/news/n_pdf/110829.pdf

 

 

 

今回はそのデータを基に僕が感じたことを記事にしたいと思います。

 

 

 

簡単なこの調査の説明

 

このカゴメの調査の簡単な説明をしたいと思います。

 

 

 

①調査対象者

 

全国の3歳~中学生の子供を持つ女性

 

 

 

②サンプル数及びサンプル構成

 

3歳~小学校入学前:男女100人ずつ

 

小学校低学年   : 男女100人ずつ

 

小学校高学年    :男女100人ずつ

 

中学生       :男女100人ずつ

 

合計800人

 

 

 

この800人のお母さんを対象に

 

様々な野菜の好き嫌いに関するアンケートを取った感じです。

 

 

 

それでは中身にいってみましょう!

 

 

 

なお本文中のグラフは

 

「子供の野菜の好き嫌いに関する調査報告書」

 

http://www.kagome.co.jp/company/news/n_pdf/110829.pdf

 

より引用しました。

 

 

どのくらいの子供が野菜嫌いなの?

 

 

「野菜嫌いなのってうちだけじゃないよね・・・」

 

と心配になっているかもしれませんね^^;

 

 

 

ですが全体の60.8%の子供が

 

野菜の好き嫌いが現在あるという結果になっています。

 

(もともとあった割合も入れると72.8%ですね)

 

 

 

data1

 

 

 

 

約3分の2程度の子供が野菜嫌いというのは

 

40人クラスで24~27人くらいですから

 

なかなか多いのではないでしょうか?

 

 

 

僕はコチラの記事に書いたように

 

野菜で嫌いなものはないタイプですが

 

確かにその年齢のころ周りの友達に

 

何かしらの野菜嫌いは多かったように思います。

 

 

 

ですから子供が野菜嫌いであると言うことは

 

ある意味当たり前のことなのかもしれません^^;

 

 

 

少し面白い相関関係が・・・

 

よく聞く話で

 

「親の好き嫌いが子供と似ている」

 

というものがあります(笑)

 

 

 

 

僕は野菜はもちろん和菓子も好きなのですが

 

これは完全に母親の影響だと思います^^;

 

 

 

wagasi

 

 

 

また今は普通に飲めるのですが

 

昔牛乳を飲むのが苦手でした。

 

(ちなみに牛乳でカルシウム摂取に関して僕は否定派です↓)

 

参考:

カルシウムは牛乳から摂るな!骨を強くしたいなら野菜から摂るべきその理由とは?

 

 

 

親からはさんざん牛乳を飲めと言われた僕ですが

 

そんなことを言う母親も牛乳が嫌いでした(笑)

 

 

 

今となって考えてみると

 

「私は嫌いで飲めなかったから飲んでほしいな・・・」

 

と思っていたのだと思いますが

 

当時はなんで自分が嫌いなくせに飲ませるのかな?

 

と失礼ながらに思ってました^^;

 

(反省です)

 

 

 

という感じに親の食の好みというのは

 

相関関係にあるということがなんとなく伝わったと思いますが

 

これは野菜のアンケートの結果にも表れています↓

 

 

 

data4

 

 

一瞬なんのことを言っているのか分かり辛いですが

 

要は母親が子供のころから野菜嫌いだと

 

その子供が野菜嫌いである割合が高くなる傾向にある

 

ということがグラフからわかります^^;

 

 

 

やはり親の影響は大きいということなので

 

嫌いな野菜がある方はこちらの記事を読むと

 

少し参考になるかもしれません↓

 

参考:あなたの野菜嫌いは「うまい野菜」を食べたことがないからだ!

 

 

 

悩んでいるのはあなただけではありません

 

このデータを見てください↓

 

 

data2

 

 

上のグラフはこのアンケートをした時に

 

「嫌いな野菜が全くない」

 

と答えたお母さん以外が

 

「子供の野菜嫌いを直したいか?」

 

という質問に答えたものです。

 

 

 

75.4%のお母さんが子供の好き嫌いを直したいと思っているわけです。

 

 

 

実に4分の3の割合でいるので

 

親心として直してあげたいと思うことは自然だと思います。

 

 

 

直したい理由としてはこんな感じ↓

 

 

data3

 

ちょっと自分本位な意見もありますが

 

基本的には栄養バランスを気にしていたり

 

食べられないものがあるとかわいそう

 

という親心からきているものです。

 

 

 

先程も少し言った話ですが本当に今になって

 

母親には申し訳ないことしたなと思います^^;

 

 

 

僕はまだ子供がいるわけではないですが

 

もし子供がいたとしたら直してあげたいと思いますもん・・・

 

 

 

 

母親の努力の証

 

大多数のお母さんが子供の野菜嫌いを

 

直したい気持ちがありますから

 

様々な工夫をこらしているようです。

 

 

 

data5

 

 

どれも納得の工夫だと思います^^

 

 

 

味付けや調理方法が一番この中では

 

ダイレクトに関係してきますよね。

 

 

 

それに食べたら褒めるということや

 

一緒に栽培したり収穫体験もいいですね^^

 

 

 

やはりできなかったことができるようになる

 

(食べられなかった野菜が食べられるようになる)

 

ということは子供にとっては偉大な一歩ですからね・・・

 

 

 

それに一緒に栽培したりというのも

 

野菜のすばらしさを知ることができるというのは

 

僕が身をもって体験しています!

 

参考:野菜のすばらしさへの気づきと大きな転機

 

 

 

 

こうしたたゆまぬ努力をしていらっしゃる

 

世のお母さん方に僕は本当に尊敬します。

 

 

 

ですが悲しいことに・・・

 

しかしこんな事実があるんです・・・↓

 

 

 

data6

 

上の円グラフのように

 

「成功した」

 

といえるのはたった4.3%・・・

 

 

 

ある程度成功したというのも入れて42.4%

 

 

 

この中の半数以上の人は

 

手ごたえなしということですね・・・

 

 

 

克服のための努力もむなしく

 

なかなか成功しづらいのが事実なようです^^;

 

 

 

 

加えて・・・

 

克服のための努力というのは

 

子供のためとは言いつつも・・・↓

 

 

 

data7

 

 

やっぱり手間になりますよね^^;

 

 

 

どっちもどっちという意見も含めれば

 

実に69.7%もの人が手間と感じているわけです。

 

 

 

毎日料理するというのも

 

料理好きではないと結構難しいのはわかりますし

 

作っても食べないし、メニュー考えるの大変だし・・・

 

 

 

「あ~もういや!!」

 

となるのも無理はないかなと思います^^;

 

 

 

ここで僕は言いたいです

 

ここまでカゴメの調査を元に書いてきましたが

 

しょっぱなで言った僕の言いたいこと・・・

 

 

 

それは・・・・

 

 

 

「悪いのは野菜です、お母さんは悪くない」

 

 

waruinohakoiturada

 

 

 

だってここまで頑張って工夫して

 

手間を惜しんでまでも子供のためを思っているんですよ?

 

 

 

だからこそ思います。

 

 

 

それは野菜がおいしくないからだ

 

 

 

コチラの記事でも言いましたが子供の野菜嫌いは

 

0~4歳の記憶で決まると言われています。

 

 

 

最初に食べた野菜がまずかったから

 

その野菜が嫌いなんです。

 

 

 

では初めての野菜がもしおいしかったら・・・・?

 

 

・・・

 

 

おそらく嫌いになっていないでしょう

 

 

 

「美味しいけど食べられない(アレルギー的な意味で)」

 

というのはあっても

 

「美味しいけど嫌い」

 

というのはなかなかありません。

 

 

 

やはり食べるものというのは

 

味覚で訴えるのが一番だと考えます。

 

 

 

だからまずい野菜がいけないんです!!

 

 

 

batten

 

 

 

そもそもがまずい野菜を使っていたら

 

土台のぐらつくピラミッドと同じです。

 

 

 

子供の味覚というのは大人よりも勘がいいので

 

結構簡単にわかってしまいます。

 

 

 

美味しい野菜って?

 

ですが

 

「美味しい野菜って何?」

 

って思うかもしれません。

 

 

 

sikou

 

 

 

僕が思う美味しい野菜は

 

 

・農薬を極力使わない野菜

 

・新鮮な野菜

 

・手塩にかけて育てられた野菜

 

 

この3つです^^

 

 

 

「美味しい野菜3原則」とでもしておきましょう(笑)

 

 

 

この3つを満たした野菜は本当に味がおいしいです!

 

 

 

「これが野菜本来の味なのか!」

 

と、もともと好きな野菜でも思ってしまうほどです(笑)

 

 

 

でもそんな野菜はスーパーにはなかなかありませんよね?

 

 

 

ではそんな野菜はどこで手に入るのでしょうか?

 

 

 

美味しい野菜の手に入れ方

 

先程挙げた3つの条件を満たす野菜は

 

2つ手に入れる方法があります!

 

 

 

1.農家の人から直接もらう

nouka

 

 

近くに農家の方がいたりして

 

直接しっかり管理された野菜が手に入るなら

 

この方法はありだと思います。

 

 

 

直接受け取れるので新鮮さは最高ですし

 

顔が見えている安心感もあるでしょう。

 

 

 

しかしそんな契約のできる農家の方は近くにいますか?

 

 

 

特に都会にお住まいの方はなかなか厳しいのではないでしょうか?

 

 

 

2.宅配野菜を利用する

 

僕がおすすめするのはコチラです^^

 

 

 

宅配野菜というのはその名のとおり

 

家に野菜を届けてくれるサービスですが

 

ただ野菜を届けるだけのサービスではありません。

 

 

todokeru

 

 

宅配野菜会社と専属で契約を結んだ農家の方が

 

極力農薬を使わず育てた野菜を

 

新鮮な状態で届けてもらえるというものです!

 

 

 

さらに専属で契約しているからこそ

 

どこの農家の方が作ったのかわかるため

 

きちんと作っている人の顔を見ることができます。

 

 

 

これはまさしく3原則を満たしていますよね^^

 

 

 

宅配野菜については参考記事で軽く把握していただき

 

そこから内容を見ていただけたらなと思います!

 

 

参考:【まとめ】らでぃっしゅぼーやを手早く知りたい人へ

 

 

 

 

最後に

 

改めて言いますが僕は世のお母さん方を尊敬しています。

 

 

 

自分の子供のためを思う気持ちというのは

 

本当に頭が上がりません。

 

 

 

だからこそ少しでもお子さんの野菜嫌いを

 

野菜好きとして何とかしたい気持ちがあります。

 

 

 

少々汚い言い方もありましたが

 

ここまでありがとうございました^^

 

 

 

 

 



あわせて読みたい

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このサイトの管理人



こんにちは、拓海です。

このサイトでは一度肺炎で死にそうになった僕が、野菜で救われた経験をもとに、また大の野菜好きとして野菜についての様々な知識や活用法などを紹介していきます。

自然の恵みである野菜を今一度しっかり考えることで、普段の生活がより良いものになっていくようにしていきましょう!

僕の詳しいプロフィールはこちら

※このサイトでは海藻やキノコも野菜扱いとします。詳しくはこちらの記事の4個目のトピックをお読みください

このブログの信念

宅配野菜レビュー&体験談





応援クリックしていただけたら幸いです

RETURN TOP