希望の野菜 〜肺炎で死にそうになった僕が気づかされた野菜の力〜

野菜食べると不健康になるので食べないほうがいいですよ

サムネイル

 

 

「野菜を食べると不健康になるので食べないほうがいいですよ」

 

 

 

・・・そんなことを言われるとあなたはどう感じますか?

 

 

 

多くの方が

 

「はあ?健康にいいから食べてんじゃん!!」

 

と思っているでしょうし

 

「テレビでもいろんなところでも野菜が良いって言ってるぞ!!」

 

となると思います・・・

 

 

 

ikari

 

 

 

また僕のプロフィールを読んだ方は

 

「あんた、言っていることが違うじゃないか!!」

 

となっているかもしれません・・・

 

 

 

ちなみにプロフィールは下のリンクから見れます。

 

(下のリンクは序章で、合計8話あります)

 

【希望の野菜 ~安全安心でおいしい野菜の再会~】序章

 

 

 

でも僕はあえて言いたい。

 

 

 

「野菜を食べると不健康になりますよ・・・」

 

 

 

 

なんでこんな極論とも取れぬことを言い始めたのか

 

 

僕たちは日々情報によって動かされています。

 

 

 

「定価半額セール中!!」

 

「大安売り!!」

 

みたいな表示を見ると心が躍りますよね?(笑)

 

 

 

sale

 

 

 

これも「ものが安く買える情報」なわけです。

 

 

 

こうやって情報に動かされている中で

 

僕はどうしても納得できない情報があります。

 

 

 

それは国の機関や農業系の機関が言っている

 

「農薬は安全ですよ」

 

という情報です。

 

 

 

野菜に救われて野菜が好きだからこそ

 

僕はこの意見に真っ向から否定します。

 

 

batten

 

 

 

そのために今回は極論ととられかねない表現を用いました。

 

 

 

僕の意見として少しばかりお付き合いいただけたらなと思います。

 

 

 

なぜ僕が「農薬安全説」を否定するか

 

 

僕が考える農薬を使う本当の理由

 

 

あなたはなんで農薬を使うと思いますか?

 

 

 

oboeteru

 

 

 

僕はこう考えます。

 

 

 

スーパーに毎日野菜が並んでいるように

 

流通の安定を目指さなければいけませんから

 

安定して野菜を育てなければなりません。

 

 

 

野菜が病気になったり虫がついてしまったりすると

 

それだけ野菜が出荷できなくなりますからね。

 

 

 

日本の気候は高温多湿ですから

 

どうしても病気や虫が発生しやすく

 

確かに病気や虫食いは困ることなので

 

農薬を使うことというのは正しいのかもしれません。

 

 

 

ですが僕はそれが農薬を使っている

 

本当の理由であるとは思っていません。

 

 

 

僕が考える本当の理由は

 

「農薬を使ってくれないと色々な機関がお金に困るから」

 

だと考えています。

 

 

 

okaen

 

 

 

まず農薬を使わないということは

 

農薬を作っている会社に響きます。

 

 

 

これは農薬を作っている会社は

 

農薬で儲けているわけなのでしょうがないと思います。

 

 

 

そして農薬がないことで野菜がダメージを受けやすくなると

 

安定して流通できなくなってしまうし

 

スーパーに並ぶ野菜を買ってもらえなくなり

 

お金が巡らなくなってしまいます。

 

 

 

つまりこういう流れになります。

 

 

 

農薬を使わない

農薬作っている会社にダメージ

野菜が安定供給できない

消費が減る

国にお金が入らない

 

 

 

 

ということは国の経済を考えた時に

 

農薬を使わないメリットがないんです。

 

 

 

27

 

 

 

だから僕たち一般人には

 

「農薬は安全ですよ」

 

という教えを洗脳しているわけです。

 

 

 

農薬は農「ヤク」です

 

 

ここでの「ヤク」はもちろん牛の仲間ではありません(笑)

 

 

(ちなみに牛の仲間のヤクはこんな感じ↓)

 

yaku

参照:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A4%E3%82%AF

 

 

 

「ヤク」とはいわゆる「麻薬」のことです。

 

 

 

もちろん農薬には大麻や覚せい剤のような

 

人間をぶっ壊す程の効力はありませんよ。

 

 

 

というかこの「ヤク」というのは野菜目線での話です。

 

 

 

農薬は読んで字のごとく

 

「農業に使う薬(くすり)」

 

なわけですから当然化学物質です。

 

 

 

yakuhin

 

 

 

化学物質すべてが悪いということではないのは

 

中学校の理科をやっていればわかると思います。

 

(消毒液とかも化学物質ですからね)

 

 

 

ただ少なからず農薬に関しては

 

虫を寄せ付けずきれいな状態で

 

病気にならないようにするわけですから

 

危険性が低いとはとても言えません。

 

 

 

だって人間で考えてみたって

 

「きれいになれる薬」

 

ってありますか?

 

 

 

「病気にならないようにする薬」

 

ってありますか?

 

 

 

 

あったら僕にください(笑)

 

 

 

ないですよね??

 

 

 

「きれいになれる薬」なんて

 

麻薬の密売人が使うような言葉ですよ^^;

 

 

 

mitubai

 

 

 

また病気を治すための補助として薬はあるものの

 

根本的に治すというのは人間の免疫力です。

 

 

 

事実、薬害ってものがあるじゃないですか・・・

 

 

 

プロフィールで書いていますが

 

僕はマイコプラズマ肺炎で死にかけたことがあります。

 

参考:【その4】ついに迎えた体の限界

 

 

 

その時に使った抗生物質のおかげで回復は早まりましたが

 

副作用で吐き気と軽い肝機能障害を起こしました。

 

 

 

hakike

 

 

 

なのに農薬は虫を寄せ付けず

 

病気に罹らないようにするための薬なわけですよ・・・

 

 

 

全然自然に従ってないじゃないですか

 

 

 

これを「ヤク」といわずになんと言う

 

 

 

別の言い方で言えば「チート」ですよ。

 

(チートの意味はこちらを参照

 

 

 

チートはテレビゲームの世界だけにしてくれと言いたい・・・

 

(テレビゲームの世界でも、もちろんするべきではありませんが)

 

 

 

農薬の影響は消費者も農家も同じ

 

 

農薬を使わないと困る機関が決まって言うのは

 

「使用量を守っているから人的被害はありません」

 

「きちんと動物実験して効果が立証されています」

 

という感じの言い方だと思います。

 

 

 

erasou

 

 

 

・・・・・・・

 

 

 

「・・・・・・・・ええ、そうですか。」

 

 

 

「でも実際に農薬による悪影響が報告されていますよね?」

 

 

 

「それに世界基準的に見ても日本緩すぎますけど?」

 

 

 

と僕は言いたい。

 

 

 

農薬による悪影響

 

 

まずそもそもあれだけ安全安全といっておきながら

 

世界基準を見た時に日本がどれだけ異常か知っていますか?

 

 

 

コチラをご覧ください↓

 

 

76593eff5262069ad3509356d07f4456

 

 

この図には入っていませんが中国が韓国を上回っています。

 

 

なので日本は世界第3位の農薬使用大国です。

 

 

 

このアジア3か国がずば抜けてますよね・・・・

 

 

 

もちろん全く使うなというわけにいかないのもわかります。

 

 

 

先程言ったように日本の高温多湿な気候では

 

全く使わずに抑えることが難しい場面もあるでしょう。

 

 

 

しかしだからといって何でもかんでも

 

農薬を使えばいいもんではありません。

 

 

 

人間が病気を治す時に薬の力を借りるように

 

本当に仕方なく使う程度にしなければいけないはずなんです。

 

 

 

ですがこのグラフを見る限りそういう使い方ではなく

 

とにかく農薬を使っていればいいというようにしか思えません。

 

 

さらに恐ろしいのが・・・

 

 

農薬使用量もさることながらもっと怖いのが

 

ある農薬の基準を緩めたということです。

 

 

 

その農薬は

 

ネオニコチノイド系農薬

 

 

といわれる農薬です。

 

 

 

そもそもこの農薬はほとんどの国で

 

かなり厳しく使用量が決められているにもかかわらず

 

日本はEUの数倍~100倍の基準値でした。

 

(茶葉に至っては300倍・・・)

 

 

neonikotinoido1

参照:http://kokumin-kaigi.org/wp-content/uploads/2011/03/Neonicotinoid2012-11.pdf

 

 

 

最近になってこの農薬の危険性が知られてきて

 

世界的にはさらに基準が厳しくなり規制されるようになっていますが

 

それに反して日本は規制緩和ですから・・・

 

 

 

このネオニコチノイド系農薬というのは非常に恐ろしい農薬で

 

 

・ミツバチやトンボなどの生態系の破壊

 

・洗っても落ちない(残留農薬)

 

・人体にも悪影響を与える

 

 

といった特徴があります。

 

 

 

ミツバチやトンボなどの生態系の破壊

 

 

ネオニコチノイド系農薬を使うことで

 

生態系の破壊につながる流れはこんな感じです↓

 

 

 

neonikotinoido2

参照:http://kokumin-kaigi.org/wp-content/uploads/2011/03/Neonicotinoid2012-11.pdf

 

 

neonikotinoido3

参照:http://kokumin-kaigi.org/wp-content/uploads/2011/03/Neonicotinoid2012-11.pdf

 

 

 

 

「昔に比べて虫が減った」

 

というのは温暖化もあるのでしょうが

 

農薬の影響も大きい気がします・・・

 

 

 

洗っても落ちない(残留農薬)

 

 

このネオニコチノイドは水溶性の農薬なので

 

植物の根や茎から直接吸収され

 

土壌に撒くと根っこから吸収して

 

全体にいきわたって効果を発揮します。

 

 

 

害虫予防的にはいいのかもしれませんが

 

水溶性の性質のせいで蓄積した農薬は

 

洗っても落ちることはありません。

 

 

 

人体にも悪影響を与える

 

 

そして何よりもこれでしょう。

 

 

 

栽培のための農薬でもそうですし

 

残留農薬が原因でもそうです。

 

 

 

国が安全とか言っている農薬がもろに悪影響を与えています。

 

 

 

しかも僕が一番許せないのはこの農薬が与える影響は

 

主に子供に影響を及ぼすことが多いということです。

 

(ここでの子供は胎児~小学生くらい)

 

 

 

ネオニコチノイド系農薬が原因で起こす症状として

 

以下のようなものがあります↓

 

 

neonikotinoido4

参照:http://kokumin-kaigi.org/wp-content/uploads/2011/03/Neonicotinoid2012-11.pdf

 

 

この他にも

 

 

・頭痛

 

・吐き気

 

・めまい

 

・じんましん等のアレルギー

 

 

といった症状もあります。

 

 

 

お腹の中にいる赤ちゃんや小さい子供というのは

 

大人よりも確実に影響を受けやすいわけですから

 

健康のためにと食べた野菜が原因で

 

未来ある子供が取り返しのつかない病気にかかるかもしれません。

 

 

 

それを国は平気で使用しているわけですし

 

より使用していいよなんてことを言っているんです・・・

 

 

 

 

農家の人への悪影響

 

 

もう一つ許せないことがあります。

 

 

 

それは農家の人への悪影響です。

 

 

nouka

 

 

僕たちが普段野菜を食べることができるのも

 

農家の人たちが頑張って野菜を育ててくれるからです。

 

 

 

ですがその農家の方たちは国の指針によって

 

農薬を使わなければいけません。

 

 

 

僕たち消費者は蓄積された農薬を食べるわけですが

 

農家の方たちはその原液をもろに扱うわけです。

 

 

 

・・・・

 

 

 

・・・・・・

 

 

 

・・・・・・・・

 

 

 

どういうことかわかりますか?

 

 

 

つまり農家の人は食べている農薬の

 

何倍もの濃い農薬を浴びているわけです。

 

 

 

もちろん農薬中毒にならないようにするために

 

ものすごい重装備をして農薬散布をします↓

 

 

 

noyak_anzen1

 

参照:http://www.greenjapan.co.jp/noyak_anzen.htm

 

 

 

ですが重装備をしたとしても農薬散布する際は

 

常に危険にさらされていることになります。

 

 

 

国の農業を支えている農家の人に

 

ここまで危険を冒させてまで

 

野菜を作ってもらっているというわけです。

 

 

 

よく聞く話ですが

 

「農家の人が出荷用の野菜とは別に

 

自分たちで食べる野菜は農薬を使わない」

 

という話は正直無理はないかなと思います。

 

 

 

gimon

 

 

 

だって農家の方が一番農薬の怖さを知っているわけですからね。

 

 

 

けど使わなければ生活ができないという人もいるわけです。

 

 

 

だから農家の人も本当は農薬なんて使いたくないはずです。

 

 

 

農薬から身を守るためには・・・

 

 

ここでタイトルのおさらいです。

 

 

 

「野菜食べると不健康になるので食べないほうがいいですよ」

 

 

 

・・・もうお分かりですね?

 

 

 

41

 

 

 

農薬を使った野菜を食べると不健康になります。

 

 

 

だからこそなるべく農薬を使ってない野菜を食べるべきです。

 

 

 

では僕たちはどうやったら農薬の危険から回避できるでしょうか?

 

 

 

国に抗議して農薬の使用を辞めてもらいましょうか?

 

 

 

・・・

 

 

 

・・・・・

 

 

 

・・・・・・・・・

 

 

 

・・・まあなんとなくわかると思いますが

 

ほぼ確実に国はそんな意見聞かないでしょう。

 

 

 

ƒvƒŠƒ“ƒg

 

 

 

序盤で言ったように農薬使用を止めると

 

国が困ってしまうわけですからね・・・

 

 

 

野菜のブログを運営している身として

 

 

僕がこのブログを立ち上げたのは

 

野菜で救われた経験があるからこそ

 

野菜の素晴らしさを知ってもらいたいし、

 

読んでいただいているあなたには

 

健康で笑顔溢れる生活を送っていただきたいからです。

 

参考:【最終章】最後に僕から言いたいこと

 

 

 

だからこそ微々たる力かもしれませんが

 

少なからずこのブログを読んでいただいているからには

 

健康に過ごすお手伝いをしたいです。

 

 

 

ozigi

 

 

 

国が国民の意見を聞きそうになく

 

僕たちの健康を気遣ってくれないならば

 

自分たちで身を守っていくしかありません。

 

 

 

自発的に動いていくしかないんです。

 

 

 

だったら厳しい言い方になりますが

 

農薬が使われた野菜を僕たち自ら避け

 

なるべく使われていない野菜を選ぶしかありません。

 

 

 

頑張っている人がいる、そして・・・

 

 

ここまで農家の方は農薬を使わざるを得ない

 

という話をしてきました。

 

 

 

ですが本当にどうしても使わないといけない

 

という場合を除いて農薬を基本的に使わずに

 

野菜を育てていらっしゃる農家の方がいます。

 

 

 

僕は農家の方は可能であるならば

 

全員にそうなってほしいと思っています。

 

 

 

そして僕たち消費者としては

 

本来はそういった野菜こそ手に入れるべきです。

 

 

 

ですが普通に生活をしていると

 

なかなかそういう機会には恵まれません・・・

 

 

 

そうなってくるとあきらめるしかないです。

 

 

zutuu

 

 

 

・・・

 

 

 

・・・・・

 

 

 

というのは過去のおはなし。

 

 

 

現代は頑張っている農家の方と

 

素晴らしい野菜をつなぐものがあります。

 

 

 

それが宅配野菜です。

 

 

 

 

宅配野菜の運営会社が厳しい基準を持って

 

本当に安全でおいしい野菜を届けるために

 

頑張っている農家の方と直接契約して

 

僕たちの手元に届けてくれます。

 

 

 

インターネットの発達は情報を手に入れやすくなっただけでなく

 

口にするものも選べる時代になったということですね^^

 

 

 

iine

 

 

 

最後に

 

 

正直今回はかなり口が悪かったと思います。

 

 

 

農薬は生産性の向上や病害虫の防止に役立つ側面がありますから

 

完全に無農薬というのが難しいのは理解できます。

 

 

 

それに何度も出てきますが気候的に

 

使わざるを得ない場面もあるでしょう。

 

 

 

しかし野菜に救われたブログ運営者として

 

現在のとにかく農薬を使っていればいい

 

という国の状況には黙っていられませんでした。

 

 

 

これからの時代を生きていく子供たち。

 

 

 

そして消費者のために一生懸命に

 

野菜を育ててくれている農家の方たち。

 

 

 

そんな人たちが困る状況は悲しいです。

 

 

 

だからこそ僕はこのブログを通して

 

少しでも多くの人にこの状況を知っていただき

 

自己防衛してもらいたいと思っています。

 

 

 

ここまで長い間お付き合いいただきありがとうございました。

 

 

 

拓海

 

 

 

 

 



あわせて読みたい

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このサイトの管理人



こんにちは、拓海です。

このサイトでは一度肺炎で死にそうになった僕が、野菜で救われた経験をもとに、また大の野菜好きとして野菜についての様々な知識や活用法などを紹介していきます。

自然の恵みである野菜を今一度しっかり考えることで、普段の生活がより良いものになっていくようにしていきましょう!

僕の詳しいプロフィールはこちら

※このサイトでは海藻やキノコも野菜扱いとします。詳しくはこちらの記事の4個目のトピックをお読みください

このブログの信念

宅配野菜レビュー&体験談





応援クリックしていただけたら幸いです

RETURN TOP