希望の野菜 〜肺炎で死にそうになった僕が気づかされた野菜の力〜

奥が深い!食感・味が全然変わってくる野菜の切り方

kiru

 

 

野菜を切って調理するときに意識してることはありますか?

 

 

「大きさはそろえなきゃね!」

 

「家は小さめに切っている!」

 

といったように各家庭でそれぞれ変わってくるのではないでしょうか?

 

 

 

しかし!!

 

 

さっきのセリフのように大きさを気にして切ることは多くても

 

それ以外を気にして切ることは少ないのではと思います^^;

 

 

「え?大きさ以外に切るとき注意することあるの?」

 

 

hatena

 

 

と突っ込みが入りそうですがあるんです^^

 

 

 

それはどんなことかというと

 

 

・野菜の繊維に沿って切る

 

または

 

・繊維方向に対して直角に切る

 

 

ということです!

 

 

 

ということで今回は

 

「野菜の繊維に対する切り方」

 

というテーマについて記事にしたいと思います^^

 

 

 

そもそも野菜の繊維って?

 

 

「野菜の繊維」と聞いてもしかして

 

「食物繊維」を想像しませんでしたか(笑)

 

(僕は最初聞いたとき思いっきり食物繊維化と思いました・・・)

 

 

 

野菜に豊富に含まれている食物繊維ですが

 

ここでは全く関係がありません^^;

 

 

 

単純に「野菜の繊維」です!

 

 

「単純にって言われても・・・」

 

となってしまってはいけないので

 

野菜の繊維がわかる写真がこの写真です↓

 

 

 

IMG_3211

 

 

これはたまたま冷蔵庫に残っていた

 

タマネギを撮ったものなんですが

 

なんかうっすら線みたいなものが見えますよね?

 

 

これがいわゆる野菜の繊維です^^

 

 

 

他の例でいうならニンジンはこんな感じ↓

 

ninzinseni

出典:pegumanma.blog23.fc2.com

 

 

人参もなんかうっすら境界みたいな線が見えますよね?

 

 

野菜にはこんな感じで繊維が入っているんですが

 

多くの場合は葉の方向から根の方向に向かって

 

縦に走っているというのが特徴です^^

 

 

タマネギや人参もそうですよね?

 

 

どちらも根野菜の部類ですが

 

埋まっていた時を基準にして考えると

 

上から下に繊維が入っているということがわかります。

 

 

 

切り方の基本

 

 

繊維に対してどう切っていくのかという話に入る前に

 

野菜を切る際の包丁の使い方を先に述べておきます!

 

 

「え?そんなもの料理してたら誰でも知っているでしょ?」

 

sikou

 

と突っ込みが入りそうですが

 

意外にもきちんとした切り方で切っている人は少ない印象です^^;

 

 

 

 

野菜を切るときに上から押しこむようにして切っていませんか?

 

 

確かにそうやって切ると体重が乗っかり

 

簡単に切れるというのも事実です^^;

 

 

しかし正しい切り方としては

 

手前から奥に押し出すように切っていきます!

 

 

kirikata

出典:http://temaeitamae.jp/top/t8/cut1/01.html

 

 

というのも野菜の組織をなるべく壊さないように

 

野菜を切らなければいけないのですが

 

上から押しこむように切ってしまうと

 

組織が押しつぶされてそこから灰汁や苦み成分が出ます^^;

 

 

 

それに刃物自体の特性として

 

押し込むよりも前後に動かすと切れやすい

 

というものがあります

 

 

これはのこぎりをイメージしてもらえたらわかるかと思いますが

 

のこぎりはギコギコと前後に刃を動かしますよね?

 

 

nokogiri

 

 

木材は固いので押し込んで切れないということもありますが

 

刃物の基本的な使い方が前後に刃を動かすことのいい例だと思います^^

 

 

 

なのでこの基本の切り方は常に意識してくださいね!

 

 

 

繊維に対してどう切っていくかで何が違うの?

 

 

・野菜の繊維に沿って切る

 

または

 

・繊維方向に対して直角に切る

 

という話が出てきました。

 

 

繊維に対してどう切るかで何が違うのか

 

それぞれの切り方を行うことで

 

どういったことが起きてくるのか述べていきます!

 

 

切り方で変わるもの

 

 

繊維に対してどう切っていくかで変わるものは

 

・食感

 

・味

 

です!

 

 

食感が変わる理由

 

 

繊維の多い野菜を食べると、きしきしする感じしますよね?

 

 

ごぼう

 

 

たとえばごぼうとかは繊維の多い野菜の代表例ですが

 

それだけ野菜の繊維は食感に影響してきます。

 

 

 

繊維に対して切る向きによって繊維の長さが変わってくるので

 

どっち方向に切るかによって全然食感が変わってきます^^

 

 

 

味が変わる理由

 

 

切る方向によって細胞の壊れ方が違うのですが

 

細胞が壊れてしまうとそれだけ中の成分が出てきます^^;

 

 

 

そうするとその成分によって味が変化してしまうというわけです。

 

 

komaruzyosei

 

 

ただしここでの味の変化というのは

 

切り方によって細胞が壊れにくく成分が出てこないので

 

灰汁や苦みが減って味の違いを感じると言うことです^^

 

 

 

なので物理的に甘みが増すというよりは

 

甘みを感じやすくなるというほうが正しいでしょう。

 

 

 

繊維に沿って切る

 

 

繊維に沿って切るとどうなるのでしょうか?

 

 

 

繊維に沿って切るということは

 

繊維を残した状態で切るということになるので

 

歯ごたえを残した切り方ともいえます^^

 

 

 

あとは先ほど言ったように細胞を壊しにくい切り方なので

 

甘みを感じやすいというメリットもあります!

 

 

ok

 

繊維方向に対して垂直に切る

 

 

繊維方向に対して垂直に切るとどうなるのかというと

 

繊維を断ち切るわけですから成分が出てきますよね?

 

 

 

先程あくが出たりして味が変わると言いました。

 

 

事実タマネギなんかは繊維と垂直に切ると

 

硫化アリルという苦みや辛みのある成分が出てきます。

 

 

 

「だったら繊維方向に対して垂直に切るのはダメじゃない?」

 

sinpi

 

 

となりそうなんですが実はこれはあくまで生食の話です^^;

 

 

 

生食で食べ比べればどうしても味が違ってきますが

 

調理して食べる分には問題ないです^^

 

 

 

繊維を断ち切ると言うことは歯ごたえが減って

 

柔らかい食感を味わえることにもなります!

 

 

 

切り方による適切な調理法の違い

 

 

繊維に沿うのか垂直に切るのかで

 

違う特徴が現れるということはわかったと思います。

 

 

 

ではそれぞれの良さを生かせる調理法はどういった物でしょうか?

 

 

「繊維に沿って切る」のに適した調理法

 

 

繊維を残して切ると言うことは

 

歯ごたえを意識する食べ方ですよね?

 

 

となると以下のような調理法が適します^^

 

・生で食べる(サラダや野菜スティック)

 

・炒め物

 

 

生で食べる

 

 

これは調理といってしまうと嘘になりますが(笑)

 

 

tehehe

 

 

生で食べるサラダや野菜スティックの場合

 

シャキっ!とした食感が欲しいですよね^^

 

 

 

そのため繊維方向に沿って繊維を残したほうが

 

シャキっとした食感が残るためこちらの方が適しています!

 

 

(ちなみに野菜スティックについての記事も書いていますのでよかったらどうぞ^^)

 

 

それに生で食べるので灰汁はなるべく出したくないですよね^^;

 

 

 

炒め物

 

 

これは好みは別れるかもしれませんが

 

炒め物はシャキッとした食感を残したほうが

 

店の味っぽくなるような感じがします(笑)

 

 

tyuukaryouri

 

 

そのためにも繊維に沿って切って

 

炒めるほうが食感が良いので適しているというわけですね^^

 

 

 

「繊維方向に対して垂直に切る」に適した調理法

 

 

生で食べると灰汁がきつくなって

 

どうしても味が劣ってしまいます^^;

 

 

ですから調理を前提として用いますが

 

適した調理法と言われれば以下の調理法です!

 

 

・煮物

 

・薬味のすりおろし

 

 

 

煮物

nimono

 

 

味がしみこんだ煮物は最高ですよね^^

 

 

なかなか煮物に味がしみこまないというときは

 

案外切り方が問題になっているかもしれませんよ!

 

 

 

繊維に垂直に切ることで細胞が破壊される

 

という話がありましたがまさしくそれを利用します。

 

 

細胞が破壊されるということは

 

そこに味が染み込む道しるべみたいなものができます!

 

 

 

繊維に沿って切った場合はどうしても

 

繊維が壁となってしまって染み込みづらくなります^^;

 

 

 

それに煮物は柔らかい食感があってこそなので

 

シャキッとした食感になりがちば繊維に沿う切り方より

 

繊維に垂直に切るほうが適しています。

 

 

 

薬味のすりおろし

yakumi

 

 

すりおろしに繊維が関係あるのかと思うかもしれませんね^^;

 

 

それがあるんですよ!

 

 

 

大根やショウガなどの薬味のすりおろしとして使う場合は

 

香りがあったほうが薬味っぽいですよね!

 

 

そのため繊維に垂直に切ったほうが

 

細胞が破壊されてにおいの成分が出るので

 

薬味として使うのに理に適っているわけです^^

 

 

 

ですが大根ダイエットの記事でも書いたように

 

大根の辛みを抑えて食べたいのであれば

 

この方法はお勧めできません^^;

 

 

どうしても辛みが増してしまいますので・・・

 

 

 

切り方の違いを応用すると・・・

 

 

調理方法によって切り方を変える意識があれば

 

基本的には野菜全てに応用がききます^^

 

 

 

少し話が戻りますが繊維に沿うか

 

垂直に切るかで味覚に変化がありましたよね?

 

 

 

この違いを利用することで

 

苦手な野菜の克服

 

という応用を利かせられます^^

 

nigate

 

 

どういうことかというと

 

例えばピーマンが苦手な子って多いですよね?

 

 

そういうピーマンが苦手な子というのは

 

たいていの場合は刻んであるピーマンが苦手なことが多いです。

 

 

 

もちろん調理する際に刻まないといけない場面はありますが

 

その時に繊維に垂直に切ってしまうと

 

どうしても苦み成分が出てきてあの苦みが出てきます^^;

 

 

 

そこで繊維に沿う切り方をすることで

 

苦み成分を出すことを最小限に抑えてあげれば

 

ピーマン嫌いの子でも食べられるようになることが多いようです^^

 

 

もしお子さんがいらっしゃって

 

ピーマン嫌いなら繊維に沿う切り方をしてみてください!

 

 

souomou

 

 

余談ですがピーマン嫌いな子に対して

 

一番おいしく食べてもらおうと思ったら

 

丸焼きにしてしまうことです(笑)

 

 

BBQの記事でも書いたのですが

 

丸焼きにしたピーマンはあの苦みが嘘のようになくなるので

 

苦手な子でも美味しく食べてくれる可能性がより上がります!

 

 

 

これは刃を入れてないわけですから細胞が壊れて

 

苦み成分が出てくることがないからともいえます^^

 

 

 

最後に

 

 

普段当たり前のように野菜を切るわけですが

 

ちょっとの工夫で味が変わるというのも

 

野菜ならではの不思議なところですよね^^

 

 

 

いつも作るおかずがなんかマンネリ化しているな~

 

と思ったら案外切り方を変えると解消されるかもしれませんよ!

 

 

kantan

 

 

それとお子さんの野菜嫌いに悩まれている場合も

 

試してみる価値はあるんじゃないかと思います^^

 

 

 

一回美味しいという体験をすれば

 

次回以降は食べてもらえるようになるので

 

その第一歩を踏み出すためにも切り方に

 

ちょっとした工夫をしてあげましょう!

 

 

 

 



あわせて読みたい

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このサイトの管理人



こんにちは、拓海です。

このサイトでは一度肺炎で死にそうになった僕が、野菜で救われた経験をもとに、また大の野菜好きとして野菜についての様々な知識や活用法などを紹介していきます。

自然の恵みである野菜を今一度しっかり考えることで、普段の生活がより良いものになっていくようにしていきましょう!

僕の詳しいプロフィールはこちら

※このサイトでは海藻やキノコも野菜扱いとします。詳しくはこちらの記事の4個目のトピックをお読みください

このブログの信念

宅配野菜レビュー&体験談





応援クリックしていただけたら幸いです

RETURN TOP