希望の野菜 〜肺炎で死にそうになった僕が気づかされた野菜の力〜

美肌・美容の大敵、便秘を野菜の持つ食物繊維で正しく解消して健康になろう!

benpi

 

 

食べることは生きる上で欠かせませんよね!

 

 

もちろん人間の自然に働く欲求だから

 

ということも間違いありません。

 

 

ですがそれ以上に健康で楽しい毎日を送るためにも

 

食べることが非常に関係してくると思います。

 

 

 

しかし食べるということは最終的には外に排出しなければいけません。

 

 

その時になかなか排泄がスムーズにいかない

 

いわゆる便秘に悩まされる方がいると思います。

 

 

 

特に女性に多く見られるのではないでしょうか?

 

 

 

といいつつも、僕は大学生になって肺炎にかかるまでの約3年間

 

結構便秘に悩まされてきましたという過去があります(笑)

 

 

だから便秘の辛さというのは僕も非常にわかります・・・

 

 

本当に

 

「出てくれー!!出ないー!!」

 

の繰り返しでイライラしてたまりませんよね(笑)

 

 

ikari

(本当にこんな感じに・・・笑)

 

 

やっぱりそんなうっとうしい便秘は早く解消したい・・・

 

 

また最近の健康、美容ブームがあるので

 

「便秘解消には野菜の食物繊維が良いんだ!」

 

と知っていて実践していらっしゃる方もいると思います。

 

 

 

ただ間違った知識で食物遷移をとってしまうと

 

便秘がより悪化してしまうことも・・・

 

 

 

ということで今回は野菜と便秘をテーマに

 

述べていきたいと思います!

 

 

 

便秘の種類

 

 

便秘には実は5種類存在することはご存知でしょうか?

 

 

僕は全然知らなかったです^^;

 

 

「特に種類もなく便秘は便秘だろ!」

 

位におもっていたんですよね(笑)

 

 

 

ということで4種類の便秘を見ていきましょう!

 

 

(このトピックの画像は全てhttp://www.doyaku.or.jp/health/life/kaiben002.htmより)

 

 

1.食事性便秘

syokuzisei

 

 

これは名前を見てなんとなくわかる方もいるかなと思います。

 

 

食物繊維の少ない食べ物を偏って食べていたり

 

極端に食事の量が少ない場合に起こる便秘です。

 

 

食生活が乱れていることで起こる便秘と思えばいいかもしれませんね。

 

 

 

僕は便秘というとこの食事性便秘のことを言っていると思ってました^^;

 

 

 

この便秘は野菜や果物を積極的に摂っていなかったり

 

過度なダイエットなどで食べる量が少ないことが原因です。

 

 

食べる量が減ったり繊維の少ない食事をすることで

 

腸の壁への刺激が弱まってしまうため

 

出そうと思っても出ないということにつながります。

 

 

 

2.直腸性便秘(習慣性便秘)

tyokutyousei

 

 

便意は便が直腸に進入して直腸の壁が伸びて

 

その伸ばされた刺激で起こります。

 

 

ところがどうしても恥ずかしさや時間が無かったりして

 

出すことをこらえてしまうと便意が止まりますよね?

 

 

僕も中学生のころ

 

「トイレ行きたいなー、まあいっか」

 

と思ってよくトイレに行かずにいました(笑)

 

 

 

しかしそうやってがまんしている状態が続いて便意が止まると

 

刺激に対して感覚が鈍ってしまい便意が起こらなくなってしまいます。

 

 

 

ついついやってしまいがちな我慢ですが

 

我慢のしすぎはやっぱりだめなんですね・・・

 

 

 

3.弛緩性便秘

sikansei

 

 

健康な大腸は一定の緊張とリズムをもって運動してますが

 

腸の管の緊張がゆるんでしまうと便の通過が遅くなり

 

水分が健康状態より過剰に吸収されてしまいます。

 

 

やっぱり何事も過剰はいけないみたいですね・・・

 

 

 

また排便の時にお腹に力があまり入らなく

 

腹圧がかけられないこともこの便秘の原因になります。

 

 

そのため女性や高齢者の方などに多いのも特徴です。

 

 

 

4.痙攣性便秘

keirensei

 

 

精神的なストレスや環境の変化などが原因で

 

副交感神経という神経が興奮してしまい

 

それが原因で腸が緊張しすぎることで起きる便秘です。

 

 

緊張してしまうことで痙攣してしまい

 

その部分が狭くなってしまうため便がうまく移動できません。

 

 

 

また腸の狭くなった部分より前の部分は後の部分と比べて

 

圧力が高くなってしまうのでお腹が張った感じがして

 

不快感や痛みを伴ったり残便感があったりします。

 

 

 

そしてこの便秘の最大の特徴といっても過言でないのが

 

便秘と下痢を交互に繰り返すということです・・・

 

 

これは先ほど言った収縮部の前後の違いで

 

前の部分の方で水分量が増えてしまうためです。

 

 

 

便秘で出ない不快感を味わったあとに

 

下痢でしんどい思いをするのはつらいですね・・・

 

 

 

5.器質性便秘

kisitusei

 

 

これは1~4番までの便秘とはタイプが違います。

 

 

というのも1~4番までの便秘は機能性便秘といい

 

腸の働きが原因で起こる便秘でした。

 

 

 

しかしこの器質性便秘は

 

大腸の形の異常であったり

 

傷を伴う病気がもとで起こってしまう便秘です。

 

 

そのためこれは食事などでは解消できず

 

速やかに医師の診察を受けるべき便秘です。

 

 

 

そのためこの記事では1~4番までの便秘を対象として

 

話を進めていきたいと思います!

 

 

 

女性の方が便秘になりやすい理由

 

 

よく昔から男性に比べて女性の方が便秘で悩まされる人が多い

 

ということがよく言われていますよね?

 

 

komaruzyosei

 

 

確かに僕の身の回りでも母や彼女が

 

便秘に悩まされている現状があります。

 

 

むしろ男性で便秘で悩んでたのって

 

僕ぐらいじゃないのか?っていうくらい周りにはいません(笑)

 

 

 

でも女性の方が便秘になりやすいのには訳があります。

 

 

 

その1.身体的な理由

hkkinu

 

 

相対的に見て女性の方が男性よりも腹筋が弱いですよね?

 

 

ということはそれだけ大腸が便を押し出す力が弱い訳です。

 

 

だからといっていきみ過ぎは痔の原因につながるのでやめましょうね・・・

 

 

 

その2.ホルモンの作用によるもの

 

 

「黄体ホルモン」という女性ホルモンがあるのですが

 

そのホルモンが体に水分や塩分を溜め込もうと指示を出します。

 

 

そうすると大腸の壁から便の水分を吸収して

 

便が固くなるため便秘になりやすくなります。

 

 

 

またこのホルモンは妊娠した際に流産しないように

 

子宮筋の収縮を抑制する働きも持っており

 

その働きが腸の運動を抑制することに繋がります。

 

 

ninpu

 

 

お腹の赤ちゃんを守るために必要なことではありますが

 

同時に便秘につながってしまうため

 

妊婦さんは本当に大変だなとつくづく思います。

 

 

 

その3.精神的な理由

hazukasi

 

 

特別女性じゃなくても人前でトイレに行くというのは

 

なかなか恥ずかしい部分があるのですが

 

特に女性の方はその傾向にあるようです。

 

 

我慢してしまうことで先ほど言ったように

 

直腸性便秘につながってしまう原因になります。

 

 

 

便秘になるとこんなことが・・・・

 

 

大体便秘の種類や特徴がわかったと思います。

 

 

ただ便がたまるだけならまだましなのかもしれませんが

 

そういうわけにいかないのが便秘です・・・

 

 

便秘によって起こってしまう症状を以下にまとめてみようと思います。

 

 

 

1.お腹が張る

onakahru

 

 

これは一番わかりやすいかもしれません。

 

 

たまっているせいなのかお腹が重く感じますよね・・・

 

 

特別日常に影響が出るわけではないですが

 

やっぱり不快で嫌になってしまいますよね^^;

 

 

 

2.痔になる可能性が上がる

zi

 

 

便秘になってしまうと出そうと思っていきんでしまい

 

そのせいで切れ痔やイボ痔の原因になります。

 

 

切れ痔は固い便を押し出そうとしたときに

 

肛門が切れて出血してしまう痔です。

 

 

イボ痔は便を出す時のいきみで肛門周りの静脈がうっ血して

 

こぶのように膨らんでしまう痔です。

 

 

 

実は僕は切れ痔になったことがあるんですが

 

あれって切れたら痛いし治りかけではかゆいんですよ(泣)

 

 

ずっとムズムズする感じがして精神衛生上よくありません・・・

 

 

 

3.有害物質がいろいろな悪さをする

gan

 

 

便は食事をとって不要なものを外に出すためのものです。

 

 

生ごみを捨てると思ってもいいかもしれませんね。

 

 

 

それが腸の中にとどまっていると有害物質が発生します・・・

 

 

主な有害物質として硫化水素、アンモニア、メタン、活性酸素があります。

 

 

 

これらの有害物質はまず1つめにおならのがすもとであると同時に

 

おならの臭いにおいの原因にもなります。

 

 

汚い話で申し訳ないですが確かに僕が便秘の時のおならは

 

めっちゃ臭かった覚えがあります・・・

 

(おならについて詳しく書いた記事がコチラ

 

 

 

2つ目に便が過剰に水分を吸われるとその水分の中に

 

便として出そうとした有害物質が含まれているため

 

もう一度体内に吸収されるということになります。

 

 

その結果がんの原因になったりポリープになったり

 

生活習慣病の基になったりします。

 

 

 

4.肝臓に悪影響がある

kanzou

 

 

先程、もう一度吸収された毒素が体をめぐると

 

解毒の役目をする肝臓にもう一度回ってきます。

 

 

そのため他の解毒作用と同時に戻ってきた毒素の解毒をするため

 

肝臓に負担がかかってしまうためどんどん弱ります。

 

 

 

肝臓はかなり病気が進行しないと発覚しないと言われているので

 

普段からいたわらなければいけませんね・・・

 

 

 

5.口臭がきつくなる

kousyuu

 

 

便秘のせいで胃や腸が不調になってしまい

 

臭いの基が上がってきて口臭がきつくなります。

 

 

それだけ便の基になるにおいがきついということですね・・・

 

 

 

6.腰痛や肩こり、頭痛が起こる

zutuu

 

 

便秘になると腸の中にガスがたまってしまうので

 

大腸が膨らんでしまい背中や腰を圧迫します。

 

 

そのため圧迫された背中や腰に痛みが生じることがあります。

 

 

 

肩こりや頭痛は便秘のせいで

 

自律神経のバランスが崩れてしまうことが原因です。

 

 

肩こりや頭痛がある方は便秘が原因の場合があるかもしれませんね・・・

 

 

 

7.肥満の原因になる

himan

 

 

便秘になると消化吸収のスピードが落ちてしまいます。

 

 

そうすると食べ物の栄養を残らず吸収できます。

 

 

一見するといいい事のように見えますが

 

カロリーを普通の人よりも多く吸収することになるため

 

カロリーオーバーになってしまいます・・・

 

 

 

便が詰まることでお腹がポッコリするという意味かと思ったら

 

本当に肥満につながってしまうというのが怖いですね^^;

 

 

 

 

8.肌トラブルの原因になる

nikibi

 

 

便秘になってしまうと自律神経の働きが悪くなってしまいます。

 

 

そのせいで肌の張り、つやがなくなったり

 

ニキビが出たり、肌荒れ、くすんでしまうといった

 

肌トラブルが発生してしまいます。

 

 

 

また先程言ったようにいったように便を溜め込むと

 

便が腐敗して有害物質が増えて血液中に溶け込み

 

そのせいで肌が荒れてしまうと言われています。

 

 

 

女性の便秘のなりやすさに加えて

 

肌トラブルも招くのはなかなか難しいものですね・・・

 

 

 

上手く食物繊維を摂ろう

 

 

どうすれば便秘が解消されるのか

 

ということが一番気になるのではないかと思います。

 

 

最初の方で言ったように便秘には食物繊維!

 

と定説のように言われています。

 

 

ということでここからは食物繊維の話になります^^

 

 

 

1日に摂るべき量は?

 

 

そもそも食物繊維をどれくらい1日で撮るべきなのでしょう。

 

 

これは

 

男性ならば19g以上、女性ならば17g以上

 

とされています。

 

 

ただ便秘解消のために食べるのならば

 

少し多めの20gほど摂取することが望ましいです!

 

 

 

ただしここでいうグラム数は食物繊維の量

 

というすごく広い目で見た時の量だからです。

 

 

なんでこういうことを言うのかというと・・・・

 

 

 

食物繊維は1種類ではありません

batten

 

 

なぜなら食物繊維には2種類あって

 

それぞれ役割が違ってくるからです!

 

 

 

なのでまずは食物繊維の種類を知っておきましょう!

 

 

 

水溶性食物繊維

mizunitokeru

 

 

 

その名のとおり水に溶ける食物繊維です。

 

 

ビタミンでもこのように水溶性がありましたが

 

食物繊維にも水に溶けるものがあるんです。

 

参考:栄養成分を逃すな!肌荒れさせないための効率の良い最強の調理法とは?

 

 

 

この食物繊維は腸内で水分を含んでぬるぬるのゲル状になり

 

有害成分を吸着して排泄させる役割があります。

 

 

主に含まれている食品として

 

・海藻類

 

・果物

 

・きのこ類

 

・納豆

 

・オクラ

 

があります。

 

 

 

ネバネバ・ぬるぬるした印象のあるものが多いですね!

 

 

ネバネバぬるぬる野菜のすごさについて

 

以下の記事でも書いています^^

 

参考:納豆やオクラは鉄壁の守りを見せるぬるぬる野菜!その驚くべき効果とは?

 

 

 

水溶性食物繊維には発酵性があって善玉菌を増やしてくれ

 

腸内環境を整えてくれる働きがあります。

 

 

悪玉菌が増えることで便からガスが発生するのですが

 

善玉菌が優勢になればそれが抑えられます。

 

 

 

不溶性食物繊維

 

 

水溶性とは逆に水に溶けない食物繊維です。

 

 

成熟した野菜で見ることができる糸状の長い筋で

 

ぼつぼつ、ざらざらしています。

 

 

ごぼう

(ごぼうはいい例かもしれませんね!)

 

 

主に含まれる食品として

 

・穀類

 

・豆類

 

・大半の野菜類

 

・イモ類

 

・こんにゃく

 

があります。

 

 

 

この不溶性食物繊維は水分を含んで数十倍に膨らみ

 

便の傘が増すことによって腸壁を刺激します。

 

 

そうすることで腸のぜん動運動を高める効果があります。

 

 

 

摂り方を間違えると・・・

 

 

2種類の食物繊維の概要はわかったと思います。

 

 

しかし本当に言いたいのはここから・・・・

 

 

そうなんです・・・

 

 

「食物繊維食べれば解消だ!よっしゃ食べるぞ~!!」

 

では大変なことになりかねません^^;

 

 

 

自分の便秘のタイプがわからずに食物繊維を片方ばかり摂ると

 

むしろ悪化してしまいます!!

 

 

shock

 

 

良かれと思って食物繊維をとっているのに

 

悪化したのではたまったもんじゃあありません・・・

 

 

 

水溶性を摂るべき便秘のタイプ

 

 

それは

 

「痙攣性便秘」

 

の方です。

 

 

痙攣性便秘の方は腸がすでに緊張しているので

 

不溶性食物繊維を摂ってしまうとより刺激してしまいます。

 

 

また腸が弱っていますので不溶性食物繊維を撮ると

 

余計にお腹が張ってしまったり便が膨らんで

 

腸内が詰まってしまうため不溶性は適しません。

 

 

 

逆に水溶性を摂ることで便を柔らかくして

 

刺激を少なくスムーズに排出させるべきなわけですね!

 

 

ookinaniwaganai

 

 

「食物繊維を多くとってるのに悪化したんだけど!」

 

となっている人はこれが原因かもしれませんね・・・

 

 

 

不溶性をとるべき便秘のタイプ

 

 

それは

 

「弛緩性便秘」

 

の方です。

 

 

弛緩性便秘の人は腸の働きが低下しているため

 

便の量を増やして腸の活動を盛んにする働きのある

 

不溶性が一番適していると言うことですね!

 

 

 

どちらもバランスよく食べるべきタイプ

 

 

これは

 

「食事性便秘」

 

 

「習慣性便秘」

 

の方です。

 

 

もちろん先程の2つの便秘の方もバランスよく食べるべきです。

 

 

しかしどちらか多くとるならという話をしました。

 

 

 

ですが習慣性と食事性の方は

 

本当にバランスよく食べたほうがいいです!

 

 

というのも習慣性の方であればバランスよく食べて

 

排便習慣をきちんとすれば解消される可能性が高いからです。

 

 

また食事性の方はそもそもの食物繊維が足りてないので

 

きちんと意識して食べれば解消される見込みは高いと思います。

 

 

gimon

 

 

「バランスのよい食べ方ってなんなの?」

 

って感じに思っているのではないかと思います(笑)

 

 

 

一番理想的なバランスは

 

不溶性:水溶性 = 2:1

 

といわれています。

 

 

なので1日に必要な摂取量的に考えるならば

 

不溶性を12g前後、水溶性を6g前後摂ればよい

 

と言うことになりますね!

 

 

 

これを目安に食物繊維を食べてみてください!

 

 

 

最後に

 

 

食物繊維を摂っていればオールオッケー!

 

というわけにはいかない便秘・・・

 

 

きちんと食物繊維の種類を考えて食べなければ

 

むしろ悪化させてしまうのはえらいことです^^;

 

 

uresugi

 

 

自分の便秘のタイプがわかっているなら

 

それに合った対策をぜひしてみてください!

 

 

ちなみに水分はしっかりとってくださいね!!

 

 

便にある程度水分含ませた方が便通がよくなりますので!

 

 

 

僕も二度と便秘にならないように日々気を付けます・・・

 

 

 

 



あわせて読みたい

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このサイトの管理人



こんにちは、拓海です。

このサイトでは一度肺炎で死にそうになった僕が、野菜で救われた経験をもとに、また大の野菜好きとして野菜についての様々な知識や活用法などを紹介していきます。

自然の恵みである野菜を今一度しっかり考えることで、普段の生活がより良いものになっていくようにしていきましょう!

僕の詳しいプロフィールはこちら

※このサイトでは海藻やキノコも野菜扱いとします。詳しくはこちらの記事の4個目のトピックをお読みください

このブログの信念

宅配野菜レビュー&体験談





応援クリックしていただけたら幸いです

RETURN TOP