希望の野菜 〜肺炎で死にそうになった僕が気づかされた野菜の力〜

野菜は鮮度が命!冷蔵保存で長持ちする野菜の選び方

reizouko

 

 

以前、こちらの記事で書いたように

 

野菜には常温保存が向いているもの

 

冷蔵保存が向いているものがあります。

 

 

 

野菜を食べるならしなびた野菜より

 

しゃきしゃきのみずみずしい新鮮な野菜が食べたいですよね?

 

 

 

僕はしなびた野菜を見ると自分までしなびてしまいそうになりますw

 

 

「しなしなにさせちゃったよ・・・ごめんな・・・」

 

ってな感じで・・・

 

 

 

実際しなびた野菜って食べれるのは食べれますけど

 

栄養価が下がることが考えられるので

 

野菜は新鮮さが命と言えるでしょう!

 

 

 

そこで今回は冷蔵保存に向いている野菜を紹介していこうと思います!

 

 

 

といいつつも、まず先に新鮮さを保つための基本情報を紹介したいと思います!

 

 

 

そもそも野菜を新鮮に保つための3つのポイント

 

 

野菜を新鮮に保つためな基本的なポイントは下の3つです!

 

 

その1 それぞれの野菜に適した温度で保存

 

これはこちらの記事でも記載したのですが

 

野菜は何でもかんでも冷蔵庫に入れればいいわけではありません。

 

 

野菜それぞれに適温というものがあります。

 

 

 

ondokei

 

 

 

冷蔵庫の中のような寒い環境が好きな野菜

 

 

はたまた室温くらいがちょうどいいという野菜

 

(この場合は風通しが良い事はほぼ必須条件です)

 

 

 

こうした特徴をふまえながら保存方法を選んでいかなければいけません。

 

 

その2 育った時の状態で保存する

 

これはどういうことかというと

 

例えば葉物野菜であれば土に埋まって上に葉っぱを伸ばしますよね?

 

 

 

と言うことは葉っぱを上にして保存したほうが

 

自然な状態での保存となるわけです!

 

 

 

人間だって寝るときは基本的に横になると思いますが

 

立って寝てたら不自然極まりないですよね?

 

(普段立って寝てる人がいたらごめんなさい・・・w)

 

 

 

neru

 

 

 

自然な体勢をとるのがいいというのは野菜も同じ!

 

 

ですので保存するときはどういう状態で育ったか考えましょう!

 

 

その3 保存バック(ジッパー付き)に入れる

 

これは今回、後々紹介する冷蔵保存の野菜に言えますが

 

冷蔵庫内というのは結構乾燥しています

 

 

 

大体湿度が冷蔵室で20%前後、野菜室で20~50%

 

(高湿度機能を備えた冷蔵庫であれば60~90%)

 

であると言われています。

 

 

 

正直こんなに乾燥しているんだ

 

というのが僕の本音で、野菜室ってなんで野菜室っていうのかが

 

この湿度の割合をみて分かりました。

 

 

kansou

 

 

 

冷蔵庫に入れる野菜は特に乾燥に弱いです。

 

 

ということは冷蔵庫の湿度的に見ると思いっきり野菜が乾燥してしまいます

 

 

 

湿度20%だと人間の唇もぱりっぱりになってしまうレベルで

 

こう考えると野菜にもよさそうにないですよね・・・

 

 

 

だから野菜室は湿度を高めにして乾燥を防ぎます。

 

 

 

そこでこうした乾燥から野菜の身を守るためにも

 

野菜は野菜室に入れることが適切ですし

 

保存バックがあるとなお良いわけなんですね

 

 

huri-zapakku

 

 

 

また空気中の酸素と触れ合う機会が減るので

 

酸化を起こして味が落ちることも防ぐし

 

におい移りまで防止してしまいます!

 

 

 

これは可能であれば使うしかないですね!

 

 

 

ただし必ずジッパー付きのものでなければいけないことはないので

 

僕はポリ袋の口を縛るようにして保存しています!

 

(そうすれば安上りですしねw)

 

 

 

冷蔵保存に向いている10種類の野菜とは?

 

 

ここで今回の本題に入ります!

 

 

冷蔵保存で向いている野菜を10種類、豆知識付きで紹介していきます

 

 

1. キャベツ

kyabetu

 

 

キャベツはうまく保存すれば1か月新鮮さが保てます!

 

 

まず芯があるとキャベツが成長してしまい

 

新鮮さが損なわれて行ってしまいます

 

 

 

そこで芯をくり抜いちゃいましょう!

 

これで成長ストップです!

 

 

 

次に切り抜いた部分に濡れたペーパータオルを詰め込んで

 

ポリ袋に入れてしまえば後は野菜室に入れましょう。

 

 

 

こまめにキッチンペーパーを変えることで

 

1か月近く新鮮さを保つことができます。

 

 

 

ちなみにキッチンペーパーを詰めるのは

 

水分補給させてみずみずしさを出すためです!

 

 

これのおかげで買ったときよりパリパリになることも・・・・

 

 

2. レタス

fd400215

 

 

キャベツと姿が似ていることからもわかるかもしれませんが

 

キャベツ同様に芯をくり抜いちゃうことがコツです!

 

 

 

ただしレタスはちょっと繊細なお方で

 

包丁で切り抜くと変色してしまうので包丁で切るのはやめましょう

 

 

 

と言うことで頑張って手でくり抜きましょう!

 

というと結構大変です。

 

 

 

そこで別の保存方法を紹介します。

 

 

つまようじを3本ほど用意し芯にぶっ刺します

 

(つまようじの頭が隠れるまでスプーンなどを使って刺しましょう)

 

 

・・・・・・・・・

 

 

 

以上!

 

 

 

騙されたと思ってやってみてください!

 

 

3. ほうれん草

hourensou

 

 

乾燥しても湿気が多すぎてもダメなため

 

軽く霧吹きをしてから新聞紙で包み立てて野菜室にて保存しましょう。

 

 

 

こうすることで適度な湿気を保ったまま保存でき

 

ぱさぱさになったりしなしなになったりを防げます!

 

 

 

4. トマト

tomato

 

 

ラップをするか新聞紙でくるんでポリ袋に入れると効果的です。

 

 

へたは下にして保存しましょう。

 

 

 

ちなみにトマトを積み上げるようにして保存してしまうと

 

そこから傷んでしわしわのおばあちゃんのような見た目になるので

 

重ねて保存しないように気を付けてくださいね・・・

 

 

 

トマトが大好きな僕はこれをしておやつのトマトを失いましたw

 

 

 

5. きゅうり

kyuri

 

 

きゅうりはギネス認定されるほど栄養価がなく

 

大半が水分というクレイジーな野菜です・・・

 

 

 

しかもそんなきゅうりは乾燥にも水分にも弱いという

 

別の意味でもクレイジーな一面があります

 

 

 

ですので水気をしっかり切ってポリ袋に入れて

 

野菜室にしまうことでいたわりましょう・・・

 

 

 

少し話がそれますが漬物にしても長く保存できますよ^^

 

 

コチラの記事で漬物について詳しく記載しています!

 

 

6. ブロッコリー&カリフラワー

burokkorikarihurawa-

 

 

すぐに使う場合はラップに包むかビニール袋に入れて

 

切り口を下にして保存しましょう。

 

 

 

もしもすぐ使わないのであれば硬めにゆでた後に冷蔵、冷凍するとよいですが

 

冷凍した場合は解凍したときにブロッコリーが柔らかくなるので

 

調理するときは形が崩れてもいいものに使うといいですよ!

 

 

7. 長ネギ

negi

 

 

洗ってしまった長ネギは乾燥がどんどん進んでいくため

 

ラップでしっかり包むか新聞紙をぬらしたもので包みましょう

 

 

 

刻んだのであればタッパーなどの適当な入れ物にいれて冷蔵庫か

 

水気を切って冷凍保存しておけば大丈夫です。

 

 

 

水気を切らないとネギの周りが凍り付いて

 

後々解凍するときにネギがびちゃびちゃになるので気をつけてくださいね・・・

 

(僕の体験談です・・・)

 

 

8. 長いも

nagaimo

 

 

カットされた長いもや料理で余った場合は

 

キッチンペーパーを水に濡らして切り口の部分を覆って

 

ラップをしてからポリ袋に入れて保存しましょう。

 

 

 

普通に保存するよりは長持ちするものの

 

芋類は基本的に傷みやすいので早めに食べてくださいね!

 

 

9. にんじん

ninzin

 

 

にんじんは水気があると傷んでしまいやすいので

 

クッキングペーパーに包んでポリ袋に入れて野菜室に入れましょう。

 

 

 

そのままの状態で冷蔵庫で保存すると経験上

 

ニンジン臭さが増してしまうような気がします・・・

 

 

 

野菜好きの僕でもニンジン臭さは結構強烈に感じるので

 

ニンジンが苦手な方ならなおさらだと思います。

 

 

 

カットしたニンジンなら切り口をぴったりとラップで包み

 

空気になるべく触れないようにしてから冷蔵庫へ入れましょう。

 

 

 

美味しいニンジンであるためにも保存方法に気を付けましょうね!

 

 

10. レンコン

renkon

 

 

切ってない節まるまるのレンコンは濡らした新聞紙に包んで

 

ポリ袋に入れて野菜室に入れておきましょう。

 

 

 

育った状態が一番と言うことでもしも泥がついているのなら

 

洗い流さずにそのままの方がより長持ちします。

 

 

 

カットしたレンコンは切り口から傷むので

 

ニンジン同様切り口にしっかりラップして野菜室に入れましょう。

 

 

 

薄く切ったレンコンは水を入れたタッパーに入れておけば

 

1~2週間傷まずに持ちますがビタミンCが流れ出るため

 

栄養面的になるべく早く食べるようにしましょう!

 

 

 

美味しい野菜を食べるためにも

 

スーパーの特売で買ってきた野菜は

 

なかなかすぐに消費できませんよね?

 

 

 

僕も安いからと言っていっぱい買い込んで

 

なかなかその野菜がなくならないと言うことがあります。

 

 

 

ここで保存方法を知っているか知っていないかは大きな違いです。

 

 

適当に保存して傷んだ野菜をしょうがないかと諦めて食べますか?

 

 

 

せっかくならなるべく新鮮な状態で食べたほうが

 

見た目的にも味的にも気分的にもいいいですよね?

 

 

 

今回の記事をきっかけにして買い込んだ野菜でも

 

美味しく新鮮な状態で食べられるようにしましょう!

 

 

 

 



あわせて読みたい

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このサイトの管理人



こんにちは、拓海です。

このサイトでは一度肺炎で死にそうになった僕が、野菜で救われた経験をもとに、また大の野菜好きとして野菜についての様々な知識や活用法などを紹介していきます。

自然の恵みである野菜を今一度しっかり考えることで、普段の生活がより良いものになっていくようにしていきましょう!

僕の詳しいプロフィールはこちら

※このサイトでは海藻やキノコも野菜扱いとします。詳しくはこちらの記事の4個目のトピックをお読みください

このブログの信念

宅配野菜レビュー&体験談





応援クリックしていただけたら幸いです

RETURN TOP